【涙腺崩壊!】僕が今年観て号泣した作品ベスト3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

もう11月なので、そろそろ2015年を振り返りはじめたいと思います。

まだ2カ月あるんですけどね。

30代に入った今年、実感した変化といえば…

「涙腺がゆるくなった。」

結構泣いてます。

そこで今年観た映画やドラマで泣いた作品ベスト3を勝手に発表します。


第3位

【STAND BY ME ドラえもん (2014)

  

去年、映画館で観て泣いて、今年もテレビで観てまた泣きました。

この映画はドラえもんとの友情や子供の頃の懐かしい記憶に浸る映画ではないです。

のび太くんとしずかちゃんの深い絆を改めて実感させられるラブストーリーです。

 
雪山で遭難するしずかちゃんを助けに行く場面から結婚前夜までの展開は号泣必至です。

 
第2位

【天皇の料理番 (2015)

 

今年のドラマで最も感動しました。

ほぼ毎週観て泣いてました。

中でも…
   

壮絶なまでの役作りに心打たれた「兄やん」

その最期で篤蔵が作った料理の名前を聞きながら本当に幸せそうな表情を浮かべた兄やん。

号泣必至の名場面でした。

第1位

【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (2011)

  

言うまでもなく僕が人生で一番泣いた作品です。

本当にたくさんの人に観てほしいです。

特にクライマックスにかけては、次の日の目の腫れが心配になるぐらいの感動です。

  

ラストの「かくれんぼ」には涙が止まりませんでした。

「見ぃつけた!」

「見つかっちゃった。」

今思い返しても泣きそうです。

いや、本当に観てください。

とにかく泣いてストレス解消したいという方は是非、僕の主観でしかないこのランキングを参考にしたりしなかったりしてください^ ^


 

ご予約はこちらのweb予約からどうぞ!RESERVATION


*ご予約、ご相談は【LINE@】でも承っています。

こちらから【友だち追加】してくださいね!

友だち追加

お気軽に連絡ください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*