【聲の形】。昨日の営業後に番長の引退試合ではなく映画を観てきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昨日の夜、営業が終わったその足で観に行ってきました。


【聲の形】

(´-`).。oO(ハマの番長の引退試合ではありません…)

この作品については内容が内容なだけになんやかんや言う方もいるらしいですが、僕には素晴らしい作品でした。

キャラクターの言動一つ一つがとても痛くて、自分自身の弱さに重ね合わせて胸にぐさぐさ刺さるんですが、それでも最後には前を向いて自分の気持ちを伝えようとする姿に勇気をもらえた気がします。

このタイトルの「聲(こえ)」という漢字には、「声」、「手」、「耳」の三文字が使われていることから気持ちを伝える手段は声だけではない、という意図を持たせたかったそうです。

気持ちを伝えようとする大切さと難しさを考えさせられる内容で、簡単にコミュニケーションを取れるようで、本当の気持ちはなかなか伝えられないこんな時代だからこそたくさんの人に一度は観てほしい作品でした。

しかし、アニメばっかり観てるな…(・_・;

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*