髪の毛を傷んで見せない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ダメージケアとは少し違いますが、美髪の為には髪の毛を傷んで見せないことも非常に重要です。

具体的な方法としては…

①カットで傷んで見せない

まあ、元も子もない話なんですが傷んでいる部分は切ってしまうやり方ですね。

意外にこれが重要で傷んでいる毛先を放置してバサバサな状態でいると健康な部分まで傷んで見えてしまいます。

ロングの方でも1〜2ヶ月に一回は切るようにしましょう。

また、重いのが気になるからといって削ぎすぎてしまうのも厳禁です。

傷みが気になる部分は極力厚みを残すようにしましょう。

②熱の力で傷んで見せない

ヘアアイロンやブローによって髪の毛にツヤを持たせることもお手軽にできる美髪への近道です。

朝の10分をスタイリングの時間にあてるように早起きしましょう笑

ただ、熱はやり方によってダメージの原因になり得るので正しい方法でスタイリングしましょう。

(また、スタイリング方法も解説したいと思います。)

③カラーで傷んで見せない

色が抜けてしまった髪の毛は傷んで見えてしまいます。

特に毛先は色が抜けやすく必要以上に明るくなってしまいがちです。

定期的に毛先までカラーを塗布することで、髪の色味も統一されるのでツヤ感もアップさします。

人気のベリージュなど暖色系の色味はツヤが出やすい色味と言われています。

ヴァイオレット系の色味は褪色後に髪の毛が黄色っぽくなるのも防いでくれるので、ベリージュはこの季節に断然おすすめのカラーです。

ダメージケアとは違ったアプローチですが、こまめに髪の毛に手をかけることを怠らなければ常に美しい髪でいられます。

是非、参考にしてみてください。


zect PLUS

℡045-312-3363

web予約→https://wrsv.salondenet.jp/zect/

各種SNSからのメッセージでもご予約を承ります!気軽にメッセージください!

Twitter→https://twitter.com/tkhrk0215

Instagram→https://www.instagram.com/tkhrk0215/

Facebook→https://m.facebook.com/takahiro.kimura.18488

LINE@

友だち追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*