大気中の埃やチリが付着し、摩擦することによって起こるダメージの予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現代に於ける私達にとって目を背けてはならない深刻な問題に「大気汚染」があります。

タイトルにもある通りこの大気汚染は髪にも深刻なダメージを与えることがあります。

この予防にシンプル且つ最も有効な方法は他でもない、「シャンプー」です。

この「シャンプー」の正しい方法についてまとめてみたいと思います。

①シャンプー前後のすすぎは時間をかけて念入りにすること

大気中の埃やチリ、スタイリング剤の油分などはお湯でしっかり流す事でほぼ取り除く事ができます。

このすすぎが不十分な状態でシャンプーを始めてしまうと、埃やチリが髪と擦れてダメージの原因になってしまう恐れがあります。

また、シャンプー剤の泡立ちも悪くなってしまいシャンプー剤をたくさん使うことになってしまうので経済的ではありません。

シャンプーを始める前にはしっかり、お湯で流しましょう。

シャンプー後のすすぎも、不十分だと思わぬ頭皮のトラブルの原因にもなってしまいます。

シャンプー以上に念入りに丁寧に流すようにしてください。

②指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗うこと

間違っても爪を立てて洗っちゃダメです。頭皮が傷ついてしまいます。

また、髪を擦るように洗うのもキューティクルが剥がれる原因になるのでNGです。

上でも書きましたが、シャンプー前にしっかり流すことでほとんどの汚れは取れています。

シャンプーで大事なのは、頭皮の汚れを取り除くことにあります。

血行促進の為にも、指先の腹を使って頭皮を揉みほぐすように洗いましょう!

③お湯の温度に気をつけること

適温は「38℃(ぬるま湯)」ぐらいで流すのがベストです。

食器を洗うときと同じで温度が高い方が汚れを落とす力は強いと言われています。

ただ、温度が高ければ高いほど髪は熱に弱いので悪影響です。

汚れを落として髪に悪影響を与えない温度が大体38℃ぐらいという訳です。

④寝る前には髪を洗うこと

1日を過ごした髪や頭皮には、様々な汚れが付着しています。

これを放置してしまうと寝ながら髪と不純物が摩擦してしまったり、頭皮の正常な代謝を妨げる原因にもなってしまいます。

夜にはシャンプーをして、スッキリした状態で寝るようにしましょう。

夏など汗や皮脂の分泌が多いときには朝と夜、2回洗うのも大丈夫です。

結構、自己流になってしまいがちなシャンプーのあれこれ。正しいシャンプーで、大気汚染にも負けない髪をキープしてくださいね。


zect PLUS

℡045-312-3363

web予約→https://wrsv.salondenet.jp/zect/

各種SNSからのメッセージでもご予約を承ります!気軽にメッセージください!

Twitter→https://twitter.com/tkhrk0215

Instagram→https://www.instagram.com/tkhrk0215/

Facebook→https://m.facebook.com/takahiro.kimura.18488

LINE@

友だち追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*