美容室での会話について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美容室に関してお客様が恐らく思っているであろうこと、

「美容室での会話が辛い…」


結構思ってる方も多いんじゃないかと思います。

もちろん、無理して話す必要はないんですけど美容師もお客様に楽しんでもらいたいので頑張っちゃうわけで…(´ー`)

特にこんな話されたら、「もう行きたくない!」なんて思う会話ベスト3(自分なり)を挙げてみましょう。

「あー、あるある(´ー`)」

なんて思って見てください。

「いらない商品やメニューのゴリ押し」

これは美容師の熱意が空回りしてるケースが多いです笑

興味がないって判断した時点でストップするべきなんですけど、必死になってるから気付かずに突き進んでしまっているパターンですね。

「今日は大丈夫です。」

優しくストップしてください笑

「美容師が自分の話に夢中。」

これもしんどいですよねー笑

「僕この前の休みに…」

「私の友達が…」

「僕、その後どうしたと思います?」

知らねーよ笑

他人の身内話ほど聞いていてつまらないことはないですよね。

遠くを見てやり過ごしましょう笑

「天気の話」

「今日雨降ってますねー。」

知ってるよ。ていうか今外から来たんだからお前よりわかってるよ笑

会話の取っ掛かりとしてはベストなんですけどねー。

そんな話よりも身になる話をしてほしいですよね笑

完全に自分への戒めですが笑
そんな風に会話を辛く感じてしまったら…

「雑誌を見せてもらっても良いですか?」

スマートに会話をストップさせて、後は雑誌に集中しましょう。

余程のメンタルがない限り話しかけられません笑

お客様に楽しんでもらう為に必死な美容師ですが、時には空回りすることもあります。

お客様が心から楽しんでもらえるように努力しますのでどうか、暖かい目で見ていただけると幸いです笑

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*