サロンモデルの方に伝えたいこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんばんは。横浜・戸部の美容室「zect PLUS(ゼクトプラス)」で日々”大人かわいい”スタイルをお届けする木村隆宏です。


撮影を本格的にはじめて2年余り。

本当に素敵なモデルさんに恵まれて撮影をする事が自分のライフワークになりつつあります。

だからこそ、今伝えたいことがあります。

僕は去年一年間で88回の撮影をこなしてきました。

月に7回以上の撮影を月5〜6日程度の休みに行っています。

報酬なども全て自腹で負担しています。

休みを削って生活費まで切り詰めてまで撮影を行っているのは、美容師としてのスキルを磨くことはもちろん、何らかの結果を残すことやチャンスを掴むキッカケが欲しいからに他のなりません。

いろんなことを犠牲にして日々の撮影に臨んでいます。

素敵なモデルさんに恵まれたおかげで、自分のスタイルがたくさんの方々の目に触れる機会も増え、本当に感謝しています。

しかし、中には撮影が嫌になってしまうかもしれないような事例があったことも否定できません。

突然、連絡が途絶えてしまったり、理不尽な我儘を言われてしまったり、約束と違う行動をされてしまったり…

全ての撮影の2〜3%程度の話かもしれませんが、かなりヘコみます。

このような事が続いてしまうと、お願いした事があるモデルさんにしかオファーを出せなくなってしまい、これからサロンモデルをやりたい方にお願いする事が出来なくなってしまいます。

モデルさんからすると、僕は魅力的なクライアントではないかもしれません。

雑誌に載るわけでもなく、ネットを賑わす作品を発表出来ているわけではありません。

でも、来てくれたモデルさんにはこれまでのどんな作品よりも素敵に撮りたいという気概を持って作品撮りに臨んでいます。

そして、ゆくゆくはか「この人にモデルをお願いされたい!」と言わしめるような美容師になりたいと思っています。

だから、そんな夢を追いかける思いを汲み取っていただけるモデルさんにお願いしたいのです。

美容師をなめてる方にはお願いしたくはありません。

僕たちは一回一回の撮影に真剣なのですから。

生意気な事を言ってしまい、気分を悪くされてしまう方もいるかもしれませんが、必死な思いで撮影をしている美容師の気持ちを踏みにじるようなことは僕以外にもして欲しくないから、あえて書かせていただきました。

もちろん、そんな思いを汲み取って頂ける素敵なモデルさんの方が多いのが事実です。

これからも皆様、モデルの件よろしくお願いいたします。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*