可能性を伸ばす教育、可能性を潰す教育。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんばんは。横浜・戸部の美容室「zect PLUS(ゼクトプラス)」で日々”大人かわいい”スタイルをお届けする木村隆宏です。


人に教えるってことは本当に難しい。


例えばこのスタイルを切るのに、何通りも何十通りも切り方はあるんです。

東京から大阪に行くのに、車、新幹線、夜行バス、飛行機と交通手段があって、同じゴールを目指すのに、ルートだって幾つでも選択できるのと同じです。

でも教える時には、一つの手段しか教えられません。

新幹線で行く快適さや、夜行バスで行く費用の安さがあっても、車で行く方法だけを教えるしかないのです。

全部、教えてたらいくら時間があっても足りないですからね。

つまり、他の手段のメリット、デメリットは自分で考えるしかないんです。


でも、実際には一つの方法を覚えてしまったらそれしか正解がないように思えてしまうのが現実です。

確実にゴールに辿り着ける訳ですからね。

それは「考えることを放棄」している事に他ありません。

辿り着けなくても、いろいろな手段やルートを試してみればいいんです。

ルートを遠回りして寄り道をした事で、素晴らしい発見があるかもしれない。

また、誰も考えもしなかった行き方を思いつくかもしれません。

そうやって、教えられたことに疑問を持って興味を持つことをやめてはいけないと思うんです。

きっと、たくさんの手段やルートを知っている人を「上手い」人と呼ぶのだと思います。

でも…


実際は教える側の都合で、効率よくカリキュラムを進める為に教えたルート以外を「間違い」としてしまう事が多いです。

教える側のプライドも相まって、教えた事と違うことをされるとムキになってしまいますからね。

本来であれば、教える側はその経験を活かして、あらゆる手段、ルートを知っていなくてはならないのです。

経験だけで足りないのであれば、教わる側以上に勉強が必要になるはずです。

それが本来の「共育」というものだと思うのです。

あらゆる可能性を模索し、ただ否定するのではなく一緒になって考える事で共に成長する教育を行っていきたいと思います。

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*