カリキュラムは考える力を低下させる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美容室にはアシスタントがスタイリストとしてデビューするまでに「カリキュラム」があります。

一つ一つの課題をクリアしてデビューを目指す訳ですが、その課題にはそれぞれ「マニュアル」が存在しています。

カリキュラムがあることによってデビューまでの道程が明確になり、

マニュアルがあることにより、技術の基礎中の基礎を効率良く学べる。

デビューを目指すアシスタントには嬉しいシステムですが…

最近、実はこのシステムは教える側目線でのエゴでしかないのかな…なんて思っています。


そもそも技術は感覚による部分がほとんど。

例えばシャンプーにしても、手順をこなすことは誰にでもできます。

でも、お客様に気持ち良いと言われるには手順をこなすだけではダメですよね。

リズムや強弱、頭の凝りや毛量なんかも考慮して、お客様に合わせた力加減を調整するのですが、それを全てマニュアル化するのは不可能です。

この部分には常に「お客様に気持ち良いシャンプーをしたい!」って考えてなきゃできないことなんですよね。

カットやカラーも同じです。

人の髪質は十人十色。その都度、向き合うお客様に対して真剣にならなければ、最高の技術は提供できません。

それはマニュアルには書けない、「感覚的な部分」でしかないのです。


とにかく見て真似る。

では、この感覚的な部分はどう学んでいけばいいのか?

それは昔から言われていますが、「見て覚える」ことが一番の近道だと思います。

「気持ち良い!」って言われている人は自分と何が違うのか。

カットが上手いと言われている人は、どんなカットをしているのか。

それを最初から最後までじっくり見て、一つ一つの動作にどんな意味があるのか考えて、わからない部分はわかるまで考える、もしくは聞く。

そうして自分に足りない部分を見る事で気付いて、真似て自分の物にする。

そして、自分に足りないピースを埋めていくことで感覚的な部分を学んでいくんだと思います。


見る、魅せる

マニュアルを教える(教わる)ことで満足していては、本当の教育とは言えません。

アシスタントは仕事を”見る”

スタイリストは仕事を”魅せる”

マニュアル以外の事を覚えようとするとカリキュラム自体の進行は遅くなってしまうかもしれませんが、これからの美容師人生においては非常に大事な時間だと思うのです。

そして、スタイリストは見られていることを意識して恥ずかしくない仕事をする。


まとめ

最近の教育は、効率を重視するあまり「出来るようになる練習」になり、「上手くなる練習」になってない気がするんですよね…

それは技術に対するコミュニケーションが苦手になっている美容師が増えているからなんじゃないかな、と思っています。

もっと自分の技術に責任と自信を持って、後輩に伝えられる技術にしましょう。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*