香港旅行記 2日目 前半戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2日目

テンションが上がりすぎた子供の様にA.M6:00に起床。とりあえず身支度を整えてコンビニへ向かいます。

世界基準のブランド、セブンイレブンにてプラスチックの容器に入れられた高級感溢れるサンドイッチで小腹を満たします。

コンビニからの帰り道、早くも移動しようとバス待ちをしているスタッフと遭遇。お粥を食べに行くとのことなので、ちゃっかりと着いて行くことに。サンドイッチ食べなきゃ良かったな…そんなこんなでお粥屋さんに到着。

めっちゃ香港らしい店構えです。

中もこんな感じ。現地の人で溢れています。ここで一つ気付きます。「漢字だけだと訳わかんない…」読めるのは「出前一丁」の文字のみです。香港では日本以上に「出前一丁」のニーズが高いようです。なんとか注文します。想像してた以上にボリュームたっぷりなお粥です。

風邪ひいた時に食べる日本のお粥とは一線を画す味ですが、そこはお粥です。温かさと優しさに溢れた味です。

それをぶち壊すように辣油を入れすぎて悶絶する僕はただのアホです。

だって、お粥に入っている肉が内蔵系(恐らくレバーなど)なんですもん…臭みが強くてあまり得意ではない味でした。お粥は本当に美味しかったんですけどね。


ここで、一緒に来たスタッフとは別れて一人でタクシーに乗ってホテルに帰ります。タクシーの運転手さんが吊るしていた浅草寺の交通安全のお守りをネタに英語で話しかけてみるものの盛り上がらず撃沈。最高に気まずい時間を乗り越えて、2日目の後半戦がスタートします。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*